小さな会社のインターネット活用法

ハイパーIT代表和田英克の日常(ブログ・Blog)

熊本撮影取材|火の国熊本

   

ここ10年くらい、ANAマイレージポイントで未訪問の地方都市を巡っています。2020年12月7-9日今回は熊本に来ました。

黒川温泉|瀬の本高原ホテル

17:30頃熊本空港着のため、この日は「黒川温泉」に移動のみ。
途中の渋滞もなく、1時間ほどで「黒川温泉」に着いた。今回の宿泊は評判の良かった「瀬の本高原ホテル」にしました。

星の散歩|アンドロメダ大星雲はみえたか?

ホテルのイベントで「星空さんぽ」に参加しました。毎日20:15から開催されているようです。

このイベントおススメです。あまり天文に興味がない人でも、係員さんの面白い説明で、満足されると思います。10分くらい、見る星の解説を聴いた後に、ホテル入口から徒歩5分くらいの場所で双眼鏡で星空を観測します。双眼鏡も貸してくれます。

この日は「夏の大三角」「冬の大三角・ダイヤモンド」「アンドロメダ大星雲」を鑑賞しました。

星空がホント綺麗で、「夏の大三角」「冬の大三角・ダイヤモンド」はっきり肉眼で見えます。amazonで買ったらしいレーザーポインターが星にバッチリ。季節的にお得でした。

「アンドロメダ大星雲」は双眼鏡で「ああ、これかなぁ?」くらいなんですど、それでも見えた事に感激です。

「230万光年先ですから、行ったら帰って来れませんよ!」うーん、行くことも不可能なんですけど・・・私が生きている間にワープ航法はまだ実用化されないでしょうしね。まだまだ夢の話ですね。

(※暗かったので写真は全く撮影しておりませんが、ホントおススメ。参加して良かったです。星を見るためだけで、このホテルに宿泊する価値があると思います。)

黒川温泉街散策

 

午前中だったからか、空いておりました。瀬の本高原ホテルの温泉は源泉ではないので、温泉フリークにはあまり合わないかも知れません。

ですが、温泉街は旅館独自の工夫があるようです。

試したのが和風旅館「美里」の温泉(500円)。
硫黄の匂い、そして塩が利きそうです。温泉フリークも満足されるでしょう。

「入湯手形」でお得に回れるみたいです。次回訪問の際には挑戦してみようと思います。

阿蘇|日本最大のカルデラ

大観峰

黒川温泉から車で30分ほどで大観峰に行けます。ここから日本最大のカルデラを堪能できます。

※写真だと良く解らないですね・・・下手でスイマセン。

草千里展望所

大観峰から40分くらいで「草千里展望所」に行けます。レストラン、火山博物館があります。馬にも乗れます。
果てしなく続く草原、阿蘇山噴火の様子も良く見えます。

阿蘇中岳火口

「草千里展望所」から2分くらいで、阿蘇中岳火口下のロープウェイ乗り場まで行けます。

ロープウェイは休業中ですが、行けるとこまで行ってみました。駐車場と売店は営業中でした。(2019年12月8日現在 最新の情報は「こちら」で確認できます。)

で、車から出た瞬間に「目が痛い!」そこら中に火山灰が舞っておりました。既に危険状態でした。なので、写真撮ってとっとと退散しました。売店のソフトを外で食べればもれなく火山灰がトッピングされます。(本当)

熊本市中心部|活気溢れる街でした

阿蘇から約1時間くらいで熊本市中心部に行けます。
今回は熊本駅近くアーケード内にあるホテルにしました。熊本の街並みは当初「千葉駅に似てるなー。」と思いました。日曜日ということもあるかも知れませんが、結構な人出でありました。

馬桜 銀座通り店

やはり熊本と言えば「馬料理」。おススメを友人から紹介してもらい、ホテルから側の「馬桜 銀座通り店」にしました。コース料理があったので、何でも少しづつ食べたい、こちらの希望が叶えてくれたものでした。

滅茶苦茶旨かったです。熊本の人はいいなぁ、東京でも探して行ってみようと思います。

熊本城

震災で復興中です。中に入ることはできませんでした。残念。(写真は加藤神社より)

金峰山

熊本市内から30分くらいで山頂近くまで行けます。市内を全て見渡せる所ですね。(写真は金峰神社)

島田美術館

個人の美術館です。宮本武蔵が実際に使っていた刀が展示されていました。

※次回は仕事では良く行っていたものの観光では行った事がない金沢、仙台、盛岡の何れかを予定。地方都市で再訪したいのは、函館、福島、新潟(佐渡含む)、福岡、熊本です。

 - 取材旅行記