目標を実現するホームページ運営・事務局代行【ハイパーアイティ(千葉県市川市)】
目標を実現するホームページ運営・事務局代行【ハイパーアイティ(千葉県市川市)】

逃げ続けた結果が起業?

 はい、これは私の事です。サラリーマンは都合15年半勤めておりました。

 在籍が一番長い会社は7年6か月、次が2年9か月でした。問題なのはこの2か所以内は皆1年以内なのです。都合6回転職をしました。35歳の正月から39歳の正月まで毎年所属会社が違う状態でした。

 しかも、38歳の時6社目の会社からにリストラされました、私は仕事が出来ると自分では思っていたし、その会社でも見込み客増加に短期間で貢献したので、正直かなりショックではありました。その会社は当時社員の1/3に当たる8人を指名解雇しました。次の準備をしていなかったので、転職活動はかなり難しかったです。

 ま、見込みは売上になる前なので、そこまで体力がなかったということでしょうね。営業責任者だったので責任を取らされた形でしょうか・・・

 会社都合の退職だったので失業給付はすぐに出ました。まさか自分がハローワークのお世話になるとは思っていませんでしたが、説明会の時に人が一杯いたので「こりゃ景気が悪いのかな?」と思った2002年11月でした。

 比較的高給だったので失業給付は月36万、最大で11か月貰える形だったと思います。ただ、それでも住宅ローン、扶養家族がいるので全然足りないのです(本当)。一人暮らしなら半年くらい働かずに海外に行ってたかも知れません。

 なので、転職活動は「仕事よりも条件」で活動していたのですけど、2002年は景気も悪かった事もあってなかなか決まりません。IT営業職はニーズは高いものの「条件」が悪くて、そうですね50社応募して、20社面接に行きました。約1か月半転職活動し、最終的には前職の取引先担当者に紹介された8人のITベンチャー会社にお世話になることにしました。

 そこは「条件」は許容範囲内ではあるものの「財務状況」が良くなくて(思うとなぜあんなに高給を出せるのか不思議でした。ま、そのくらいじゃないと人は来ませんからね。)今でも忘れていないのが、入社2か月目の全体朝礼で「このままだとキャッシュフローは2か月で無くなります。会社が潰れるかも知れない。」と当時の副社長が言っていた事です。

 「こりゃーこの会社は長くないな・・・」と思い、起業に向けて準備をすることにしました。仕方ない理由ではあるものの都合7社勤務の私に好条件で勤められる会社はないでしょう。

 だから「これはもう自分で始めるしかない!」と思えるようになったのです。

※補足:最後の会社は、実はまだ存在しています。35歳から1年未満で退社した会社は都合4社でしたが、残っているのはこの会社だけ、会社というところは「経営者」が諦めなければ続くもののようです。それ以外の3社は2社が倒産し引き継ぎ会社がないまま消滅。1社は他社に吸収合併されました。


同ジャンル・関連ページ