中小企業向け目標を実現するためのITコンサルティング、ホームページ作成・運営、事務局代行

インターネット、IT関連2017年予測

今回は2017年のインターネット、IT関連の傾向を予測してみます。


●個人向けサービスのホームページはスマホからのアクセスが8割近くになるでしょう。

運営している地域サイトは既に7割がスマホ(PC以外)からのアクセスです。
更に増えると予測します。スマホファーストの設計になっているホームページが増えて来ています。スマホオンリーでもいいのかも知れません。

今年ホームページのリニューアルを考えている方は、
「まずはスマホサイトから設計」を心がけてください。


 


●MVNOサービスが躍進するでしょう。

いわゆる格安スマホですね。

私は元々auでXperiaを使っていました。ガラケーとの2台持ちということもあって安価なサービスを探しておりました。最終的にはMineoを選択し、契約して1年半経過しました。特に問題なく使えています。

Mineoの特徴は、Docomo、auであれば今まで使っていたスマホがそのまま使える事です。もちろんiPhoneも使えます。(若干の機能制限はあります。MineoはSimフリーではありません。注意。)

最近TVCMも活発です。ネットのみ販売のところが多いですが、最近は直営店も増えて来ています。


●漫画週刊誌のデジタル版移行が進む

私はサラリーマン時代、週刊漫画雑誌を愛読しておりました。独立してからあまり読まなくはなったのですが、唯一週刊少年マガジンは購入してまで読んでいました。

ところが、何故か急に連載が終わってしまう漫画が2,3あって・・・
調べたらデジタル版に移行していました、つまり週刊雑誌への連載は終了し、デジタル版のみの閲覧でした。

ただ、2週ほど遅れるものの無料で読めるのですよ。と、いうことは最新号に拘らなければ、無料。

これは、使ってみようと言う事で、週刊少年マガジン「マガポケアプリ」をダウンロードしてみました。

多少老眼にはつらいものの(現在タブレットを検討中です。)充分でした。

ただ、人気連載漫画「はじめの一歩」のマガポケ配信はないのです。これだけの為に雑誌を買うのもなんなので「はじめの一歩」は年1回近所の漫画喫茶で読めばいいと考えました。

恐らく、多くの漫画雑誌の電子版が加速するでしょう。コンビニから転職雑誌・アルバイト雑誌は姿を消しました。週刊漫画誌が次に消えるかも知れません。


●AI(人口知能)サービスが増加するでしょう。

「AI」を良く耳にするようになりました。CMでも良く見ます。
黎明期に入ったといっていいでしょう。

インターネットという言葉を聴くようになったのが20年くらい前。その状態に近いのではないかと思われます。これから様々なAIサービスが出てくるでしょう。インターネットの次はAIだと思っております。


★さて、いくつ当たるでしょうか?
来年の12月下旬に検証してみます。